資本財はスリーエム【MMM】が無難か?

資本財セクターは航空、宇宙、防衛、コングロマリット、機械、鉄道、商社などの会社によって構成されています。これらの銘柄の取引形態はBtoB(企業間)が多いため、消費者にとってなじみの薄い企業が目立ちます。さて、そんな資本財セクターの代表銘柄といえばスリーエム【MMM】が挙げられます。同セクターの他銘柄と比べた場合、どのようなものでしょうか? そこで、配当金と増配率をテーマに、資本財セクターの企業を比較してみましょう。

スポンサーリンク

時価総額500億ドル以上の企業の配当利回りは?

以下がおもな時価総額500億ドル以上の巨大企業です。500億ドル以下からは増配年数の長い企業を入れました。もっとも時価総額が多いのはボーイング【BA】です。配当利回りが2%前後の銘柄が目立ちますね。

銘柄 ティッカー 配当利回り 時価総額(100万ドル)
ボーイング BA 2.22% 217710
ハネウェル・インターナショナル HON 2.14% 121530
ユナイテッド・テクノロジーズ UTX 2.12% 118680
ユニオン・パシフィック UNP 2.37% 115350
ロッキード・マーチン LMT 2.54% 110960
ユナイテッド・パーセル・サービス UPS 3.24% 101710
スリーエム MMM 3.52% 95050
ゼネラル・エレクトリック GE 0.44% 78194
キャタピラー CAT 3.14% 71110
ノースロップ・グラマン NOC 1.48% 64660
カナディアン・ナショナル・レイルウェイ CNI 1.85% 64610
CSX CSX 1.37% 55410
レイセオン RTN 1.89% 55120
ディアー DE 1.76% 54762
ゼネラル・ダイナミックス GD 2.30% 53730
イリノイ・ツールワークス ITW 2.72% 50240
エマソン・エレクトリック EMR 2.88% 40790
パーカーハネフィン PH 1.92% 23150
スタンレー ブラック&デッカー SWK 1.85% 21600
WW グレインジャー GWW 1.85% 16020
ドーバー DOV 1.93% 14470

 

スポンサーリンク

資本財セクターの増配率と連続増配年数を比較

下のグラフは過去1、3、5の増配率と連続増配当年数です。全部で21社あります。なお、増配率がマイナスの部分は表示していません。

連続増配年数の全米トップクラスがズラリ顔を揃えています。ドーバー【DOV】は全米首位の64年、パーカーハネフィン【PH】は63年、エマソン・エレクトリック【EMR】は62年、スリーエム【MMM】は61年です。

 

スポンサーリンク

いま資本財の銘柄を買ったら、5年後YOCはどうなるか?

下の図は過去1、3、5の増配率をもとにした5年後の予想YOCと現在の配当利回りです。つまり今株を買うと、5年後に元本配当利回り(YOC)が何%になるかの予測です。

イリノイ・ツールワークス【ITW】は様々な分野の工業製品を作っている会社です。増配率が高く、配当利回りもまずまず。5年後と10年後のYOC予想は、資本財セクターの時価総額上位銘柄の中ではもっともよさそうです。

ユニオン・パシフィック【UNP】は全米最大の鉄道会社です。5年後のYOC予想は4~6%と手堅そうです。

キャタピラー【CAT】は世界最大規模を誇る重機メーカーです。2019年1月を境に株価が下がっていますので、現在の配当利回りが3.1%まで上がりました。5年後のYOC予想は4~5%とまずまずです。

 

スポンサーリンク

資本財セクターの10年後YOCは?

次に過去1、3、5の増配率をもとにした10年後の予想YOCと現在の配当利回りです。今株を買うと、10年後に元本配当利回り(YOC)が何%になるかの予測です。

ボーイング【BA】は世界最大の航空機メーカー。現在の配当利回りは2.2%と平均的ですが、10年後YOCが13~19%まで伸びそうです。

スリーエム【MMM】は幅広い産業分野の製品を手掛けています。現在の配当利回りは3.5%と、このセクターではトップクラスです。連続増配企業としても知られており、10年後YOCが7~11%を予想しています。

米国最大規模の軍用機メーカー・ロッキード・マーチン【LMT】の10年後YOCは6%前後を予想しています。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました