決算がダメで不適切なCEOが辞めたマクドナルド【MCD】は今が狙い目か?

マクドナルド【MCD】は世界最大手のファストフードです。外食産業やチェーンストアとしても世界2位の規模を誇ります。連続増配年数は44年で、キャピタル、インカムともに期待ができると投資家には人気の銘柄ですが、実際はどうでしょうか?

 

スポンサーリンク

マクドナルド【MCD】の株価は?


(ヤフーファイナンスより)

2015年以降、株価は順調に伸びてきました。2019年の第3四半期の決算の内容が市場予想を下回り、さらにイースターブルックCEOが従業員との私的な行為を持ったため解任されました。この2つの出来事により、2019年8月に記録した最高値221ドルから188ドルまで下落中です。

 

スポンサーリンク

マクドナルド【MCD】の売り上げと利益は?

売り上げは横ばいというか、やや下がっています。ただ、営業利益率は2016年以降伸びており、40%台に乗っています。同業他社と比較しても秀でています。グラフの右端の「TTM」とは「Trailing twelve months」の頭文字を取ったもので、直前の12カ月(過去1年)という意味です。

 

スポンサーリンク

マクドナルド【MCD】の配当と年間配当利回りは?

配当は右肩上がりです。2015年以降、株価が急上昇したため、配当利回りは2%台前半まで下がりました。ただ、2019年末に株価が反落して、配当利回りは2.5%まで上がりました。

 

マクドナルド【MCD】の配当と増配率は?

増配率は2013年までは10%を超えていましたが、その後は5%前後に落ち着きました。2019年の増配率は12.8%と近年ではかなりの高水準になりました。ちなみに決算は12月で、2019年の増配は9月19日に発表されました。

 

マクドナルド【MCD】の配当と配当性向は?

配当性向は70%を超えたのが2015年だけで、それ以外の年は70%以下です。配当金が増え、配当性向が抑えられているのは健全ですね。

マクドナルド【MCD】の配当と自社株買いは?

自社株も積極的に行っています。発行済株式数はこの10年で約71%になりました。

 

スポンサーリンク

マクドナルド【MCD】の今後の配当予想は?

過去1、3、5年間の増配率をもとに、将来の配当金とYOCを予想しました。YOC(Yield on Cost)とは、購入単価あたりの配当利回りのことです。増配率は過去1年が12%、過去3年が9.4%、過去5年が7.6%でした。現在の配当利回りは2.58%です。過去1年の増配率12%を維持できれば、10年後YOCは8.6%でまずまずです。ただし、過去5年の増配率7.6%前後で推移するようだと、10年後YOCは5.3%と今ひとつですね。

 

スポンサーリンク

マクドナルド【MCD】のEPSとBPSは?

EPSは着実に伸びています。2009年に4.1だったのが、現在は7.6まで上がりました。BPSがマイナスなのは借金をして自社株買いを行い、税金を低くする手法なので問題ありません。

 

スポンサーリンク

マクドナルド【MCD】のキャッシュフローは?

2018年以降、営業キャッシュフローとフリーキャッシュフローは伸びています。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか? 人気銘柄だけあって、財務内容は申し分ないですね。やや株高でしたが、急落している今が買い時かもしれません。10年後より先を見据えているなら、保有してもいいかもしれません。ただ、現在の配当利回りが2.5%で、増配率が7~12%なので、今後数年の配当リターンはあまり期待できないかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました