ベクトン・ディッキンソン【BDX】が48年連続の増配を達成!

世界的な医療機器メーカーのベクトン・ディッキンソン【BDX】が2019年11月25日に増配を決定しました。

これまで四半期ごとの配当が0.77ドルだったのが、0.79ドルに上がります。年間配当は2018年の3.02ドルから2019年は3.1ドルになります。今後1年間の配当合計は3.16ドルの予定です。増配率、年間増配率ともに2.6%です。2019年11月27日の株価は259ドル、配当利回りは1.2%です。

ベクトン・ディッキンソン【BDX】の連続増配年数は48年になります。

 

スポンサーリンク

ベクトン・ディッキンソン【BDX】の過去の配当、年間増配率

以前は二桁%の増配でしたが、ここ3年の増配は0.02ドルずつですね。次の配当落ちは12月9日です。

 

スポンサーリンク

ベクトン・ディッキンソン【BDX】の今後の配当予想は?

現在と1、3、5年前の同時期の配当金額を比較して増配率を計算し、それを使って将来の配当金とYOCを予想しました。YOC(Yield on Cost)とは、購入単価あたりの配当利回りのことです。ベクトン・ディッキンソン【BDX】株を2019年11月27日の株価259ドルで買った場合、将来の利回り(YOC)がいくらになるかという予測です。増配率は過去1年が2.6%、過去3年が2.7%、過去5年が5.7%でした。現在の配当利回りは1.2%です。もっとも増配率が低かった過去1年のペースで増配すると10年後のYOCは1.6%に、もっとも増配率が高かった過去5年のペースの増配だと10年後のYOCは2.1%になります。現在の配当利回りが低く、増配率もそれほど高くないので、配当リターンも今ひとつですね。

スポンサーリンク

ベクトン・ディッキンソン【BDX】の配当性向は?


配当性向は以前は50%以下と抑えられていましたが、最近は高くなっています。少し気になりますね。

 

スポンサーリンク

ベクトン・ディッキンソン【BDX】の自社株買いは?

自社株買いは以前は多少行っていましたが、最近はしてません。

 

スポンサーリンク

ベクトン・ディッキンソン【BDX】の株価は?


株価は2013年の始めから上がり続けています。2018年の後半以降は上値を試す展開です。三尊天井っぽくもありますね。

スポンサーリンク

ベクトン・ディッキンソン【BDX】の業績は?

2015年にケアフュージョン、2017年末にはC.R.BARDを買収したこともあり、売り上げはかなり伸びています。営業キャッシュフローマージンは20%前後とまずまずです。競合他社との営業利益率比較は、今ひとつです。

 

スポンサーリンク

ベクトン・ディッキンソン【BDX】の買い時は?

過去5年の配当利回りの平均は1.5%です。連続増配銘柄のため人気が高く、株価も長期にわたって上昇しているので、配当利回りは相対的に下がっています。買うタイミングが難しいですね。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました