高配当ETF【VYM】分析第2弾、組込比率1%以下からお宝銘柄を見つける

1週間前にバンガード社のバンガード 米国高配当株式ETF【VYM】について、過去の増配率、今後の配当予想、配当利回りから考える買い時、組込割合1%の個別銘柄の検証などを行いました。その時の記事はコチラです。今回は、バンガード 米国高配当株式ETF【VYM】の組込割合1%以下の銘柄にスポットを当て、その傾向を探っていこうとおもいます。2020年1月17日の配当利回りは3.03%、経費率は0.06%と低くてオトクです。

 

 

スポンサーリンク

【VYM】の組込銘柄をセクター別に分ける

まずは前回のおさらいです。下の円グラフはVYMの組込銘柄をセクター別に分けたものです。金融が18%で最多、ヘルスケアが15%と続き、生活必需品、情報技術、公益事業も多いですね。1%以上を占めている固有銘柄は、ティッカーが表示されています。1%以下はセクターごとにまとめてます。

 

スポンサーリンク

【VYM】の組込比率の高い銘柄順に並べる

次にVYMに組み込まれている銘柄を組込比率の高い順に並べました。前回検証したのは、組込比率1%以上の28銘柄(全体の52.4%)です。カラフルな色がついているところです。VYMの1軍ですね。

今回は、組込比率1%以下の銘柄を検証します。下の円グラフの背景が黒い部分です。組込比率0.44~0.99%に該当する26銘柄(全体の17.3%)です。VYMの2軍といっていいですね。

スポンサーリンク

【VYM】2軍はどんな銘柄があるのか?

下の円グラフは、先ほどの円グラフの黒い部分に入っている銘柄です。いわば【VYM】の2軍です。全体の17.3%を100%の円グラフにしました。資本財と金融セクターが多いですね。

最も比率が高いのはクアルコム【QCOM】で組込比率0.96%。全体の29番目に比率の大きい銘柄です。そして最下位はキンバリー・クラーク【KMB】で組込比率0.44%。全体の54番目に比率の大きい銘柄となります。

スポンサーリンク

【VYM】2軍の時価総額はどのくらいか?

下の棒グラフは、【VYM】2軍26銘柄(組込比率0.44~0.99%)の組込込比率の高い順の銘柄ごとの時価総額です。上位に組み込まれるほど、時価総額が大きいですね。すべての銘柄が時価総額400億ドルを超えています。

ちなみに日本企業で時価総額400億ドル(約4.5兆円)前後の銘柄は、JT、三菱商事、花王、キヤノンなどです。つまり【VYM】2軍の時価総額は、日本のトップクラスの企業と同等かそれ以上ということになります。

 

スポンサーリンク

【VYM】2軍の配当利回り、過去5年増配率の傾向は?

【VYM】2軍26銘柄(組込比率0.44~0.99%)の配当利回り、過去5年増配率をまとめたグラフです。【VYM】2軍26銘柄の平均は配当利回りが3.0%、5年増配率は9.6%です。過去5年増配率がグラフ内に収まらない銘柄は数値を書いておきました。モルガン・スタンレー【MS】の過去5年増配率は30%と高いですが、増配を始めたのが2014年からと最近のため、数字が大きくなっています。ほかではイリノイ・ツールワークス【ITWが18%、PNCファイナンシャル・サービシズ・グループ【PNC】が17%と高い増配率を誇っています。

 

スポンサーリンク

【VYM】2軍の配当利回り、5年後予想YOCは?

【VYM】2軍26銘柄(組込比率0.44~0.99%)の配当利回りと5年後予想YOCを比較したグラフです。5年後予想YOC(Yield on Cost)とは、購入単価あたりの配当利回りのことです。いま当該銘柄を買った場合、将来の利回り(YOC)がいくらになるかという予測です。過去5年増配率をもとに予想しました。

現在の配当利回りが6.7%と際立っているアリトリア・グループ【MO】が5年後予想YOCも高くなりそうです。ドミニオン・エナジー【D】、ギリアド・サイエンシズ【GILD】、PNCファイナンシャル・サービシズ・グループ【PNC】、シュルンベルジェ【SLB】は5年後予想YOCが6%を超えています。

 

スポンサーリンク

【VYM】2軍の配当利回り、連続増配年数は?

【VYM】2軍26銘柄(組込比率0.44~0.99%)の配当利回りと連続増配年数を比較したグラフです。【VYM】2軍26銘柄の連続増配年数の平均は22年です。連続増配年数の長い銘柄は、配当利回りがあまり高くないようです。増配銘柄は人気のため、買われる傾向にあるということですね。連続増配年数が長くて配当利回りも高いのはアリトリア・グループ【MO】、まずまずなのはスリーエム【MMM】とキンバリー・クラーク【KMB】ですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか? 【VYM】2軍26銘柄(組込比率0.44~0.99%)も【VYM】1軍28銘柄同様に時価総額が大きく、増配率が高くて連続増配年数の長い企業が多かったですね。

上位に組み込まれている銘柄をそれぞれ調べて、気に入った個別銘柄を買って、「オレ的ポートフォリオVYM」を組んでみるのも面白いかもしれません。

VYMの組込比率0.44~0.99%の銘柄で、私が所有しているのはアリトリア・グループ【MO】、ドミニオン・エナジー【D】、デューク・エナジー【DUK】、スリーエム【MMM】の4銘柄です。VYMの組込比率1%以上で所有しているのは11銘柄あります。合わせると15銘柄になります。保有割合は上の円グラフのような感じです。

現在個別銘柄で所有しているのは25、そのうちADRが5銘柄です。つまり米国株20銘柄中15銘柄がVYMの組込率0.44%以上に入っていることになります。

時価総額が大きく、高配当&増配銘柄を買っていたら、自然と【VYM】上位組込銘柄だらけになっていました。現在の私の個別株ポートフォリオは「(【VYM】上位組込銘柄−金融)+英国株ADR+α」です。ちなみに私のポートフォリオに興味がある方はコチラをご覧ください。

 

 

 

 

個人投資家のブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんありますので、チェックしてください。

 

こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

個人投資家のブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんありますので、チェックしてください。
 

こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします
 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ETF
スポンサーリンク
たかにんをフォローする
たかにんの米国株投資術
タイトルとURLをコピーしました