人気高配当ETF【VYM】のデータが更新されたので検証してみた

バンガード社のETFは公式サイトで月1回更新されます。月末のデータが、翌月の15日頃に反映されます。今回2020年6月末のデータが更新されましたので、バンガード 米国高配当株式ETF【VYM】の組込銘柄の変化や傾向について検証します。

スポンサーリンク

【VYM】のセクター別のファンド構成比は?

【VYM】に組み込まれている銘柄のセクター別の組込比率です。バンガードの公式サイトではICB(Industry Classification Benchmark)で分類されていますが、これをGICS(Global Industry Classification Standard)に変換しました。

金融が最も多く、ヘルスケア、生活必需品、情報技術、資本財と続きます。

 

スポンサーリンク

【VYM】のセクター比率はどう変化したか?

セクター別の組込比率を1カ月前と比較しました。金融が3.4ポイント増えて全体の18.9%を占めてトップに立っています。ヘルスケアは1.2ポイント減らして2位に転落しました。それ以外は、あまり変化はありません。

 

スポンサーリンク

【VYM】にはどんな銘柄が組み込まれているのか?

【VYM】の保有銘柄数は428銘柄です。組込銘柄の一覧を円グラフにしました。組込比率1%以上の銘柄が30銘柄あり、全体の約53.7%を占めています。組込比率1%未満は398銘柄で全体の約46.3%、円グラフの白い部分です。

スポンサーリンク

【VYM】の上位組込銘柄はどんな会社か?

【VYM】の組込比率1%以上の銘柄です。ほぼ時価総額の多い順に並んでいます。連続増配年数は基本的に長いですが、金融、ヘルスケア、情報技術セクターの銘柄は10年前後と比較的短いものも含まれています。2020年6月末のデータです。

 

スポンサーリンク

過去3カ月の組込比率1%以上の銘柄比較

最近3カ月間の組込比率1%以上の銘柄の比較です。あまり変化はありませんが、6月30日にバンク・オブ・アメリカ【BAC】が10番目にランクインしました。5月31日には下位にも入っていなかったので、新加入しました。

大幅減配が決まったウェルズ・ファーゴ【WFC】は表内には入りませんでしたが、31番目で組込比率0.99%です。まだ除外されたわけではないようです。

スポンサーリンク

【VYM】セクター別の構成比率と構成銘柄数を比較する

【VYM】の構成比率と組込銘柄数を比較しましょう。右側の円グラフが、組込銘柄数です。金融が163銘柄と圧倒的に多く、全体の38%を占めています。金融セクターは時価総額の小さい銘柄が多いことを意味しています。

逆にヘルスケア、情報技術、通信サービスは、構成比率のわりに組込銘柄数が少ないです。この3セクターは巨大企業が多いというわけです。とくにヘルスケアは構成比率では全体の2番目に多いですが、組込銘柄数はわずか11銘柄しかありません。

 

スポンサーリンク

【VYM】に組み込まれているヘルスケア・セクターの詳細は?

それでは、【VYM】内のヘルスケア・セクターの組込銘柄を見てみましょう。11銘柄中8銘柄が組込比率1%を超えています。ヘルスケア・セクターの中で配当利回りの高い大型銘柄はほとんど含まれています。

【VYM】は400銘柄以上で構成されており分散が利いていますが、ヘルスケア・セクターの銘柄に関しては、1銘柄ごとの割合が大きいといえます。

 

スポンサーリンク

【VYM】のセクター別のファンド構成比は?

他のETFにおけるヘルスケア・セクターの銘柄はどうなっているでしょうか? 高配当ETF【VYM】【HDV】【SPYD】に組み込まれているヘルスケア・セクターの銘柄を比較します。ヘルスケア・セクターの組込比率は【HDV】が22%と最多です。銘柄数は【VYM】が11銘柄と最も多いです。

【SPYD】は現在4銘柄しかなく、7月の組み換えで【GILD】と【CAH】は配当利回りが下がったので除外されそうです。ヘルスケア・セクターの比較的配当利回りが高い銘柄を、高配当ETFで所有したい場合は、バランスがいいのは【VYM】かもしれません。

 

スポンサーリンク

今年に入ってからの配当利回りは?

最後に、2020年に入ってからの【VYM】の株価と配当利回りを見てみましょう。過去1年の年間配当額から算出しました。青線が株価(左軸)で、赤線が配当利回り(右軸)です。配当利回りは3.1%前後で推移していましたが、2月半ば以降は株価が下がったため、3月23日には配当利回りが4.5%まで上昇しました。現在は株価がある程度回復して、配当利回りは3.63%です。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか? 構成比率1位の金融セクターは銘柄数がたくさんあるのには驚きました。逆に構成比率2位のヘルスケア・セクターの銘柄はかなり少ないですね。

ヘルスケア・セクターをETFで買いたい場合は、バンガード社の【VHT】がおすすめですが、配当利回りが1.25%ほどです。ヘルスケア・セクターの高配当銘柄を所有したい場合は、【VYM】や【HDV】を買う方法を視野に入れてみるのもいいかもしれません。

 

 

 

 

個人投資家のブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんありますので、チェックしてください。

 

こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

個人投資家のブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんありますので、チェックしてください。
 

こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします
 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

VYM
スポンサーリンク
たかにんをフォローする
たかにんの米国株投資術