米国を除く全世界対象ETF【VXUS】の2021年7月末データが更新されたのでまとめてみた

バンガード社のバンガード・トータル・インターナショナル・ストック(除く米国)ETF【VXUS】の2021年7月末データが発表されたのでまとめます。

2021年8月20日の終値は64.03ドル。利回りを過去1年間の分配金額から算出すると、過去1年の分配金額は1.5989ドルなので、利回りは2.50%になります。

※このページでの利回りは過去1年間の分配金をもとに計算します

 

スポンサーリンク

基本情報を確認しよう

【VXUS】のベンチマークは、FTSEグローバル・オールキャップ(除く米国)インデックスです。米国を除く世界の市場の約98%が対象で、このETF1本で米国以外のほとんどの地域をカバーしています。

米国以外の世界が対象の4つのETFを比較します。全米を除く先進国【VEA】、ヨーロッパ【VGK】、新興国【VWO】を比べてみましょう。すべてバンガード社なので、経費率は低いですね。

運用総額は【VEA】が11.5兆円、【VWO】が8.8兆円とかなり大きいです。利回りは2.5%弱で似ており、【VWO】だけ2%強と低いです。

スポンサーリンク

【VXUS】のセクター別の構成比率は?

【VXUS】に組み込まれている銘柄のセクター別の組込比率です。GICS(Global Industry Classification Standard)による分類です。金融の割合が最も多く、資本財、情報技術、一般消費財と続いています。2021年6月末、fidelityのデータです。

 

スポンサーリンク

【VXUS】の市場別の構成比率は?

地域別では、ヨーロッパが最多の40%で、アジア太平洋が27%、新興国が25%です。この3つのエリアがほとんどを占めています。

市場別は日本が最多で約16%。以下、英国、中国、カナダ、フランス、スイス、ドイツと続きます。上位10カ国で全体の約72%を占めています。世界全体の株式市場は米国が圧倒的ですが、米国以外のエリアとなると、各国や各地域で飛び抜けたところがなく、バランスが取れています。

 

スポンサーリンク

【VXUS】の上位組込銘柄はどんな会社か?

【VXUS】の組込銘柄数は7570銘柄です。ベンチマークは、米国を除く世界の市場の98%をカバーする、FTSEグローバル・オールキャップ(除く米国)インデックス。上位20銘柄の組込比率の合計は約14.0%と少なく、世界中に分散されています。

国別でトップのシェアだった日本は、ランクインしているのはトヨタ自動車ソニーです。上位は情報技術、一般消費財、ヘルスケア、金融が多いですね。

 

スポンサーリンク

2020年3月以降の上位20銘柄の推移

組込比率上位20銘柄の推移です。1年前と比べて台湾セミコンダクター・ マニュファクチャリング(TSMC)【TSM】、ASMK【ASML】などの比率が上がりました。エフ・ホフマン・ラ・ロシュ【RHHBY】は比率を下げました。

 

スポンサーリンク

【VXUS】上位20銘柄は主要ETFには組み込まれているのか?

【VXUS】の組込比率上位20銘柄は、他のETFにどのくらいの割合で組み込まれているのでしょうか? 米国以外【VXUS】【VEU】、米国以外先進国【VEA】、欧州【VGK】、新興国【VWO】、世界【VT】への組込比率(%)をまとめました。

【VXUS】と【VEU】はほぼ同じです。組込銘柄数の少ない【VEU】のが若干個別銘柄の組込比率が高くなっています。米国除く先進国【VEA】と新興国【VWO】はまったく重複していません。【VEA】+【VWO】=【VXUS】or【VEU】にほぼなります。

※組込比率は2021年7月末のデータをもとにしています

 

スポンサーリンク

【VXUS】の過去の分配金と増配率は?

【VXUS】が設定されたのは2011年1月です。下の表は過去の分配金の一覧です。

※背景がになっているのが減配です

【VXUS】の期別分配金は?

1年前の2020年6月の分配金は、通常の半分以下まで落ち込みました。2021年6月の分配金は、だいぶ回復しました。ただ、2年前の2019年以前の6月と比較すると、完全に戻ったとは言えないですね。

 

【VXUS】の年間分配金額と年間増配率は?

【VXUS】の分配金を1年ごとにまとめてグラフ化しました。2020年は前年から24.5%減りました。年によって分配金額は結構異なります。

【VXUS】の分配金額を棒グラフで確認しよう

期ごとの分配金額を株価と比較しました。6月と12月の分配金が多いので、1回おきに棒グラフが伸びています。2020年6月の分配金の少なさが目立ちますね。

【VXUS】の過去1年分配金を棒グラフで確認しよう

過去1年分配金を棒グラフにして、【VXUS】の株価と比較しました。だいぶマイルドになります。過去1年分配金は、株価とある程度は連動しています。2020年6月以降は分配金が停滞し、株価は上昇する傾向でした。今回ようやく分配金も伸びています。

 

スポンサーリンク

2020年以降の利回りは?

2020年以降の【VXUS】の株価と利回りを見てみましょう。過去1年の年間分配金額から算出しました。青線が株価(左軸)で、赤線が利回り(右軸)です。2020年の年初は利回りが3.0%前後でしたが、2月半ば以降は株価が下がったため、3月18日には利回りが4.6%まで上昇しました。現在は株価がコロナ・ショック前を上回り、利回りは約2.50%です。

 

スポンサーリンク

現在の【VXUS】の株価と利回りの関係は?

年間分配金額が現在と同じく1.5989ドルで変わらなかったら、利回りはどのように変化するでしょうか。下のグラフは年間分配金額が現在と同じ1.5989ドルが続いた場合の、利回りと株価の相関図です。利回りを0.2%ごとに株価を出しました。今後【VXUS】を購入しようと考えている人は、目安にしてください。

 

スポンサーリンク

【VXUS】を過去に買っていた場合のYOCは?

過去に【VXUS】を買った場合、現在の購入単価当たりの利回り(YOC)はどのくらいでしょうか? 現在から5年前までの株価、利回り、YOCを見ていきましょう。株価は月末のもので月1回なので、ややアバウトです。下のグラフの黄色の線が、過去に買った場合の、現在の購入単価当たりの利回り(YOC)です。

2020年8月20日の終値は64.03ドル、過去1年の分配金額は1.5989ドルなので、現在の利回りは2.50%です。過去5年の平均利回りは約2.8%です。

過去5年で株価はやや右肩上がりなので、早い時期に買うとYOCが上がります。2016年11月に買っていたらYOCは約3.5%になっていました。また、2020年3月のコロナ・ショックの頃に買っていたら、現在YOCは3.8%前後になっていました。

 

スポンサーリンク

ライバルETFとトータルリターンを比較する

【VXUS】と米国以外の世界の広範囲をターゲットにしているETFとの過去10年トータル・リターンを比較します。対象は、全米を除く先進国【VEA】、ヨーロッパ【VGK】、新興国【VWO】。PORTFOLIO VISUALIZERを使って、2011年8月から2021年7月までの10年を比べます。

2011年8月に1万ドル投資して分配金を再投資した場合、2021年7月には【VGK】が1万9200ドル、【VEA】が1万9000ドル、【VXUS】が1万7400ドル、【VWO】が1万3800ドルになっていました。【VWO】のリターンが少し劣っています。

過去のトータルリターン

過去3カ月、1、3、5、10年の年平均トータルリターンは以下の通りです。過去3年や5年のリターンは、ほとんど差がないです。

過去10年の年平均リターンは【VGK】が6.8%、【VEA】が6.7%、【VXUS】が5.7%、【VWO】が3.3%でした。

危険度はどのくらいか?

ETFの安定度を比べてみましょう。最大ドローダウンは、計測期間における最大下落率です。マイナスの数値が小さいほど最大下落率が低いです。

シャープレシオとは、同じリスクを取った場合のリターンの比較です。「(ファンドのリターン?無リスク資産のリターン)÷標準偏差」の値です。1を超えていれば、優秀です。

ソルティノレシオはシャープレシオの改良版で、相場が軟調の際の成績を示しています。「(ファンドのリターン-無リスク資産のリターン)÷下方偏差」で計算します。1.5を超えていると、素晴らしいです。

米国が入っていないこの4ETFは、シャープレシオ、ソルティノレシオともに冴えないですね。とくに新興国【VWO】は、この10年苦戦しているのが現れています。

過去10年の分配金はどのくらいか?

過去10年の分配金を比較します。下のグラフは、10年前に1万ドルを投資した場合の、年間分配金の推移です。分配金は再投資します。税金は考慮しません。

どのETFも分配金はあまり増えていないですね。とくに2020年はコロナ・ショックの影響でどの銘柄も減りました。

10年間の分配金の合計は【VGK】が4400ドル、【VEA】が3800ドル、【VXUS】が3500ドル、【VWO】が2600ドルでした。

 

スポンサーリンク

【VXUS】の今後の分配金予想は?

現在の過去1年分配金額(1.5989ドル)と1、3、5、7年前の同時期の過去1年分配金額(1.2864ドル、1.5723ドル、1.251ドル、1.659ドル)を比較して年間増配率を計算し、それを使って将来の分配金とYOCを予想しました。YOC(Yield on Cost)とは、購入単価あたりの利回りのことです。【VXUS】株を2021年8月20日の終値64.03ドルで買った場合、将来の利回り(YOC)がいくらになるかという予測です。

購入金額は1万ドルにします。そうすると、年間分配金額から利回り(YOC)が一瞬で計算できます。たとえば、年間分配金額が300ドルなら利回り(YOC)は3.0%、年間分配金額777ドルなら利回り(YOC)は7.77%になります。

増配率は過去1年が24.3%、過去3年が0.6%、過去5年が5.0%、過去7年がマイナス0.5%でした。現在の利回りは2.50%です。

分配金を再投資しない場合

まずは分配金を再投資しないケースを見てみましょう。税金は考慮しません。現在の利回りが2.50%なので、年間分配金額は250ドルです。

もっとも増配率の低い過去7年のペースだと5年目の分配金額は245ドル、10年目の分配金額は238ドルになります。もっとも成績の良い過去1年の増配率を当てはめると5年目の分配金額は596ドル、10年目の分配金額は1768ドルになりそうです。分配金額1768ドルはYOC(購入額に対する利回り)17.68%です。

 

分配金を再投資する場合

つぎに分配金を年1回再投資するケースを見てみましょう。税金は考慮しません。再投資する場合の分配金額は、現在と10年前の株価を比較して年平均騰落率を計算し、それを使って調整します。

もっとも増配率の低い過去7年のペースだと5年目の分配金額は269ドル、10年目の分配金額は294ドルになります。もっとも成績の良い過去1年の増配率を当てはめると5年目の分配金額は683ドル、10年目の分配金額は3172ドルになりそうです。分配金額3172ドルはYOC(購入額に対する利回り)31.72%です。

分配金を再投資する場合(税引き後)

最後に分配金を再投資するケースで、税金を引いた額で計算してみましょう。分配金は28%の税金を引いた72%で計算します。1年目は250ドルではなく、税引き後の180ドルになります。

もっとも増配率の低い過去7年のペースだと5年目の分配金額は189ドル、10年目の分配金額は200ドルになります。もっとも成績の良い過去1年の増配率を当てはめると5年目の分配金額は474ドル、10年目の分配金額は1948ドルになりそうです。分配金額1948ドルはYOC(購入額に対する利回り)19.48%です。

過去1年増配率が24.3%もあるため、それをもとにしたYOC予想は素晴らしい数値になりました。これは1年前の6月の分配金が、かなり少なかったためです。ただ、このままの増配率が続く可能性は低そうです。過去1年以外のケースで推移すると考えるのが妥当ですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

【VXUS】の2021年6月の分配金はまずまずでした。米国以外の地域は、長いこと米国に後れを取っていましたので、そろそろ巻き返すかもしれません。

なお、次回の分配金の権利落ちは9月20日なので、その前日までに購入すれば分配金がもらえます。

 

 

 

こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします
 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

個人投資家のブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんあります。

VXUS
スポンサーリンク
たかにんをフォローする
たかにんの米国株投資術