配当貴族20社を今買ったら、10年後にどうなるか予想する

数日前に、「配当貴族20社を10年前に買っていたらどうなったかを検証する」という記事を掲載しました。そこで今回は、同じ銘柄を「今」買った場合、10年後はどのようになっているかを検証します。投資金額は1銘柄あたり約2000ドル、計4万ドルで、配当再投資はしないでというルールです。25年以上増配を続けている配当貴族の中から時価総額の高い順に20銘柄を2009年9月6日の終値にすべて買って、10年後どのようになるかを調べます。なおADR銘柄、10年以内に合併や分裂を行った銘柄は除きます。

    1. 2019年時点で25年以上増配を続けている銘柄
    2. 時価総額の高い順に20銘柄
    3. 1銘柄あたり2000ドルに近い額で2019年9月6日の終値で購入
    4. 配当はそのまま保有

 

スポンサーリンク

検証する20銘柄は名立たる企業がズラリ

おなじみ、検証する銘柄は以下の通りです。世界的にも有名な企業が揃っています。セクター別だと生活必需品が最多の6、ヘルスケアが3で続き、エネルギーと一般消費財、情報技術、資本財が2、通信サービスと公益事業、金融が1、そして素材が0です。なおIBMの増配年は24で1年足りませんが、サービスして加えることにしました。

銘柄 ティッカー セクター 増配年 時価総額(100万$)
ジョンソン & ジョンソン JNJ ヘルスケア 57 351730
エクソン・モービル XOM エネルギー 46 319320
ウォルマート WMT 生活必需品 37 317640
プロクター & ギャンブル PG 生活必需品 63 302120
AT & T T 通信サービス 35 249960
シェブロン CVX エネルギー 32 240490
コカ・コーラ KO 生活必需品 57 229330
ペプシコ PEP 生活必需品 47 182800
マクドナルド MCD 一般消費財 43 161980
IBM IBM 情報技術 24 133230
スリーエム MMM 資本財 61 104830
ネクステラ・エナジー NEE 公益事業 25 100280
アリトリア・グループ MO 生活必需品 49 90890
ロウズ・カンパニーズ LOW 一般消費材 57 82600
ストライカー SYK ヘルスケア 26 79180
キャタピラー CAT 資本財 26 77060
オートマチック・データ・プロセシング ADP 情報技術 44 70880
エース・リミテッド CB 金融 26 70340
ベクトン・ディッキンソン BDX ヘルスケア 47 69360
コルゲート・パルモーブ CL 生活必需品 56 64430

 

スポンサーリンク

2019年9月6日の終値で20銘柄を2000ドル分ずつ購入!

今回は、2019年9月1日の終値で購入したとします。すべての銘柄が2000ドルに近づくようにします。前回は1000ドルでしたが、今回は株価が高値圏にあり1000ドルに合わせようとすると乖離してしまう銘柄が目立ったので、2倍の2000ドルにしました。20銘柄の合計は一番下にあるように4万119ドルで、ほぼ4万ドルになりました。なお、購入手数料と税金は考えないものとします。表内の単位は、基本的にはUSドルで、%の場合は数字の隣に表記しています。

ティッカー 現在株価 ($) 購入単位 購入合計額($)
JNJ 128.21 16 2051
XOM 70.93 28 1986
WMT 114.73 17 1950
PG 122.87 16 1966
T 36.25 55 1994
CVX 118.26 17 2010
KO 55.23 36 1988
PEP 137.37 15 2061
MCD 220.03 9 1980
IBM 140.57 14 1968
MMM 163.94 13 2131
NEE 220.14 9 1981
MO 43.85 46 2017
LOW 114.71 17 1950
SYK 221.40 9 1993
CAT 122.70 16 1963
ADP 173.25 12 2079
CB 161.03 12 1932
BDX 262.48 8 2100
CL 74.70 27 2017
合計 40119

 

スポンサーリンク

現在の配当利回りと過去の増配率を調べる

まず、現在の配当利回りを確認します。【MO】が7.6%と高いですね。【T】は5.6%、【XOM】が4.9%、【IBM】が4.6%と続いています。続いて過去の10年の増配率を計算します。5~10年前(2009~2014年)は増配率が高かったのですが、最近5年(2014~2019年)はやや鈍化していますね。

 

スポンサーリンク

いま株を買ったら10年後の元本利回り(YOC)はどうなるか?

いま株を買ったら、10年後に元本あたりの配当利回り(YOC)がどのくらいになっているかを予測しましょう。先ほど調べた過去10年(2009~2019年)、5~10年前(2009~2014年)、最近5年(2014~2019年)と同じ増配率になると仮定します。最近5年の増配率を元にしたYOCがもっとも低いです。今後も増配率はあまり上がらなそうなので、このデータを使って今後10年間の配当予想をしようと思います。

 

スポンサーリンク

10年後の配当の合計を予測する

最後に、最近5年の増配率を使って今後10年間の配当の合計を予想します。なお、税金は考えないものとします。もっとも配当金額が多かったのは【MO】で2932ドル。【IBM】が1485ドル、【MMM】が1388ドル、【XOM】が1301ドル、【LOW】が1294ドル、【T】が1259ドルでした。現時点で配当利回りの高い銘柄が今後10年間の配当合計が多い傾向にあるようです。長期投資家が好む傾向にある【JNN】は878ドル、【PG】は572ドルと冴えません。この両銘柄は現在の配当利回りがそれほど高いわけではなく、ここ2、3年の増配率が今ひとつなので、配当の合計予想が少ない結果になったようです。

さらに、「配当貴族20社を10年前に買っていたらどうなったかを検証する」という記事で導き出された、10年前に買った場合の配当の合計と比較しましょう。この記事は1銘柄あたりの初期投資が1000ドルだったので、2倍の2000ドルに変更して、今回の記事と合わせました。青い棒が10年前に購入した場合の配当の合計です。全20銘柄の10年間の配当の合計は、今後10年間予想が1万8661ドル、過去10年実績が1万8660ドルでした。ほぼ同じで、約4万ドルの投資に対して47%です。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました