アジレント・テクノロジーズ【A】が増配

世界的分析機器メーカーのアジレント・テクノロジーズ【A】が、2019年11月20日に増配を決定しました。

これまで四半期ごとの配当が0.164ドルだったのが、0.18ドルに上がります。年間配当は0.656ドルから0.72になる予定です。増配率、年間増配率ともに9.8%です。2019年11月21日の株価は77.7ドル、配当利回りは0.9%です。

 

スポンサーリンク

アジレント・テクノロジーズ【A】の過去の配当、年間増配率

アジレント・テクノロジーズ【A】の増配率は、今回こそ10%をわずかに下回りましたが、それ以前の4年の増配率は10%を超えています。次の配当落ちは12月30日です。表内の青字は予想です。

 

スポンサーリンク

アジレント・テクノロジーズ【A】の今後の配当予想は?

現在と1、3、5年前の同時期の配当金額を比較して増配率を計算し、それを使って将来の配当金とYOCを予想しました。YOC(Yield on Cost)とは、購入単価あたりの配当利回りのことです。アジレント・テクノロジーズ【A】株を2019年11月21日の株価77.7ドルで買った場合、将来の利回り(YOC)がいくらになるかという予測です。増配率は過去1年が9.8%、過去3年が10.9%、過去5年が12.5%でした。現在の配当利回りは0.9%です。もっとも増配率が高かった過去5年のペースで増配すると10年後のYOCは3%に、もっとも増配率が低かった過去1年のペースの増配だと10年後のYOCは2.4%になります。増配率は悪くないのですが、現在の配当利回りが低いのであまり高くないですね。

 

スポンサーリンク

アジレント・テクノロジーズ【A】とはどんな会社?

アジレント・テクノロジーは1999年にヒューレット・パッカード(HP)から分離して誕生した会社です。ティッカー・コードは【A】。覚えやすいですね。ライフサイエンス、診断、応用化学に定評のある分析機器メーカーです。2014年8月には電子計測事業が、キーサイト・テクノロジーとしてスピンオフしました。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました