ウォルト・ディズニー【DIS】の配当停止の予兆が5カ月前にあったことについて説明します

総合娯楽の世界最大手ウォルト・ディズニー【DIS】が、2020年5月5日に上半期の配当金を支払わないことを発表しました。

これまで半年ごとの配当が0.88ドルだったのが、0ドルになる予定です。年間配当は1.76ドルから0ドルに、今後1年間の年間配当は0ドルの予定です。減配率は100%の予定です。ただし業績が戻れば、復配するようです。2020年5月5日の株価は104ドル近辺、配当利回りは0%です。

ウォルト・ディズニー【DIS】の連続増配年数は9年で終わりを告げることになりそうです。

 

スポンサーリンク

ウォルト・ディズニー【DIS】の過去の配当、年間増配率

ウォルト・ディズニー【DIS】は2014年までは年1回の配当、2015年以降は年2回の配当です。2015~18年の4年間は、12月に配当落ちを迎えるときに増配していました。ところが2019年の12月は0.88ドルで横ばいでした。下の表で0.88が3回続いたわけです。このときすでに業績の雲行きが怪しくなっていました。

2019年12月に、増配見送りとして記事にしようかと考えたのですが、2019年は年単位では増配だったので、次回増配にならなかった場合に記事にしようかなと思いました。ところが今回、コロナ・ショックの影響もあり、配当がゼロになってしまいました。警鐘を鳴らした方がよかったのかなと後悔しています。

 

スポンサーリンク

今年に入ってからのウォルト・ディズニー【DIS】の株価と配当利回りは?

2020年に入ってからのウォルト・ディズニー【DIS】の株価と配当利回りを確認しましょう。青線が株価(左軸)で、赤線が配当利回り(右軸)です。配当利回りは1.2%前後で推移していましたが、2月半ば以降は株価下落して、3月20日には配当利回りが2.05%まで上昇しました。その後株価が多少持ち直しましたが、今回の減配で配当利回りは0%になりました。

 

スポンサーリンク

現在のウォルト・ディズニー【DIS】の株価と配当利回りの関係は?

今回カットされた配当金が元に戻った場合、配当利回りはどのように変化するでしょうか。下のグラフは年間配当額が1.76ドルに戻った場合の、配当利回りと株価の相関図です。配当利回りを0.2%ごとに株価を出しました。今後、ウォルト・ディズニー【DIS】を購入しようと考えている人は、目安にしてください。

スポンサーリンク

ウォルト・ディズニー【DIS】の財務データは?

ウォルト・ディズニー【DIS】の財務データです。9月決算です。配当は年末で区切ってます。売り上げは伸びていますが、利益率などは2019年に悪化していますね。






スポンサーリンク

まとめ

ウォルト・ディズニー【DIS】はコンテンツの配信事業は好調のようですが、コロナ・ショックの影響でテーマパーク部門は壊滅的のようです。一刻も早く世界が元に戻ることを期待します。

 

 

個人投資家のブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんありますので、チェックしてください。

 

こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

個人投資家のブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんありますので、チェックしてください。
 

こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします
 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

増配見送りニュース
スポンサーリンク
たかにんをフォローする
たかにんの米国株投資術