5年前にバフェット銘柄をマネしたら、現在どのくらいのリターンになっているか?

前回はウォーレン・バフェット氏が10年前に所有していた上位10銘柄を、同じように10年前に買っていたら現在どうなったか検証しました。今回は、5年前にバフェット氏が所有していた銘柄と同じものを5年前に自分が所有したらどうなったか調べます。今回もバフェットのマネをします。

投資金額は1銘柄あたり約1000ドル、計1万ドルで、配当再投資はしないでというルールで検証します。2014年9月1日にすべて買って、2019年9月17日現在の株価と比較します。

    1. 2014年9月時点で現在バフェット氏が所有している上位10銘柄
    2. 1銘柄あたり1000ドルに近い額で2009年9月1日の終値で購入
    3. 配当はそのまま保有

 

スポンサーリンク

ウェルズ・ファーゴはバフェットのお気に入り

2009年9月時点でバフェット氏が所有している上位10社は以下の通りです。セクター別では金融が4社、生活必需品が3社、情報技術とエネルギー、ヘルスケアが1社ずつです。ポートフォリオ内比率ではウェルズ・ファーゴ【WFC】が22.6%、コカ・コーラ【CO】が15%。10年前に比べてこの2社の比率はほぼ逆転しています。アメリカン・エクスプレス【AXP】とアイビーエム【IBM】を含めた上位4社で全体の63%を占めています。

順位 銘柄 ティッカー セクター PF内比率
1 ウェルズ・ファーゴ WFC 金融 22.6%
2 コカ・コーラ KO 生活必需品 15.7%
3 アメリカン・エクスプレス AXP 金融 13.3%
4 アイビーエム IBM 情報技術 11.8%
5 ウォルマート WMT 生活必需品 4.1%
6 プロクター・アンド・ギャンブル PG 生活必需品 3.8%
7 エクソン・モービル XOM エネルギー 3.8%
8 ユー・エス・バンコープ USB 金融 3.2%
9 ダビータ・ヘルスケア・パートナーズ DVA ヘルスケア 2.5%
10 ムーディーズ MCO 金融 2.0%

 

スポンサーリンク

5年前に10銘柄を1000ドル分ずつ購入!

まずは、2009年9月1日の終値で購入したとします。すべての銘柄が1000ドルに近づくようにします。10銘柄の合計は一番下にあるように10002ドルで、ほぼ1万ドルになりました。なお、購入手数料や税金は考えないものとします。

ティッカー 5年前株価 ($) 購入単位 購入($)
WFC 51.87 19.3 1000
KO 42.66 23.4 998
AXP 87.57 11.4 998
IBM 189.83 5.3 1006
WMT 76.47 13.1 1002
PG 83.74 11.9 997
XOM 94.05 10.6 997
USB 41.83 23.9 1000
DVA 73.14 13.7 1002
MCO 94.50 10.6 1002
合計 10002

 

スポンサーリンク

5年前と現在の株価を比較

5年前の株価と現在の株価を比較しましょう。株価上昇率はムーディーズ【MCO】が125%と飛び抜けていますが、同社の10年前は上昇率938%でしたので、近年の伸び率は鈍化しているといえます。また、アイビーエム【IBM】、エクソン・モービル【XOM】、ダビータ【DVA】、ウェルズ・ファーゴ【WFC】は5年前より株価がマイナスになってます。

なお、グラフの一番右には、ベンチマークとしてS&P500に連動しているETF、SPDR S&P 500 ETF トラスト【SPY】のデータを載せておきます。

スポンサーリンク

配当は重視していないようだが

過去5年の増配率ではムーディーズ【MCO】が12.3%でトップ。アイビーエム【IBM】、ユー・エス・バンコープ【USB】、アメリカン・エクスプレス【AXP】は9%台です。YOC(元本利回り)は最も高いウェルズ・ファーゴ【WFC】で3.93%と低調です。

現在の配当利回りはアイビーエム【IBM】、エクソン・モービル【XOM】、ウェルズ・ファーゴ【WFC】が4%台です。これらの銘柄は株価が低迷したため、配当利回りが上がったともいえそうです。なお、グラフの一番右には、ベンチマークとしてS&P500に連動しているETF、SPDR S&P 500 ETF トラスト【SPY】のデータを載せておきます。

 

スポンサーリンク

評価額と配当の合計値は?

現在の評価額と配当を合わせた額です。全体としては約1万ドル分購入して、5年後には評価額が1万2458ドル、配当の合計が1173ドル、合計1万3631ドルになりました。また、1銘柄あたりの平均は投資した1000ドルが評価額1246ドル、配当を117ドル得て、合計は1363ドルです。5年間で1.3倍、低調ですね。

個別の銘柄ではムーディーズMCO】の評価額と配当の合計が2258ドルで圧倒的にトップ。アイビーエム【IBM】、エクソン・モービル【XOM】、ダビータ【DVA】は1000ドルを割っています。ただしエクソン・モービル【XOM】は2014年12月までにすべて売却し、アイビーエム【IBM】も2018年前半には手放したようです。なお、グラフの一番下には、ベンチマークとしてS&P500に連動しているETF、SPDR S&P 500 ETF トラスト【SPY】のデータを載せておきます。

 

スポンサーリンク

バフェット銘柄など、これまでの記事を比較

これまでの記事で検証したものを比較します。10年前に買ったという前提で、現在の評価額と配当金の合計を計算しました。ベンチマークとして【SPY】の5年と10年のデータも記載。「SPY(5年)」以下は5年間の成績です。

もっとも優れているのは、現在のバフェット銘柄2軍(上位11~20位)を10年前に買ったものでした。10年前にバフェットと同じ銘柄を買うよりも、現在のバフェット銘柄を10年前に買ったほうが成績が上回っております。これは10年前にバフェットが所有していた上位銘柄の中で、期待できそうにないものは売却したり比率を減らしたからです。まさにバフェットが進化し続けているというわけです。さすがオマハの賢人。米寿を迎えてもまだ伸びしろがありそうです。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました