約1カ月前の【新SPYD】組込銘柄予想が、96.25%的中していましたので、なぜそうなったか検証します

ステート・ストリート社のSPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETF【SPYD】は年2回、1月と7月に大幅な組み換えを行っています。

2020年の7月31日時点で【SPYD】は組み換えを完了しました。S&P500採用銘柄から、新たに高配当の80銘柄が組み込まれました。そして、減配などで61銘柄に減っていたものが、80銘柄に戻りました。

 

 

この予想が正しかったのか。そして間違っていた場合は、何が悪かったのかを検証してみましょう。

 

スポンサーリンク

【新SPYD】80銘柄の予想と結果はこちら!

下の表は、左側が当サイトで2020年7月1日に行った【新SPYD】80銘柄予想。右側が2020年7月31日に入れ替わった【新SPYD】です。ティッカー・コードのアルファベット順に並べました。

背景が濃い灰色になっているのが予想が外れた銘柄です。全80銘柄中、外れたのはたったの3銘柄! なんと、80銘柄中77銘柄が的中、的中率は96.25%でした。

 

スポンサーリンク

どの銘柄が外れたか?

7月1日の80銘柄予想で外れていたのは、エクイティ・レジデンシャル【EQR】、ロイヤル・カリビアン・クルーズ【RCL】、ウェルズ・ファーゴ【WFC】の3銘柄です。

ウェルズ・ファーゴ【WFC】は減配されそうだという情報はありましたが、正式に減配が決まったのが7月14日でした。

ロイヤル・カリビアン・クルーズ【RCL】は5月の時点で配当金を支払わないことが決まっていたようです。ただし正式な発表はないようです。クルーズ船の会社ですから、配当がカットされるのが自然と考えるべきでした。

スポンサーリンク

除外されそうな銘柄の予想はどうだったか?

下の表は7月1日の記事における、除外されそうな銘柄の予想です。この記事の翌日の7月2日に、表組の一番下の3銘柄、オクシデンタル・ペトロリアム【OXY】、ホスト・ホテルズ・アンド・リゾーツ【HST】、モルソン・クアーズ・ブリューイング【TAP】が除外されました。

残りの10銘柄では、ファーストエナジー【FE】が除外されずに残りました。そして、ウェルズ・ファーゴ【WFC】が除外されました。よって、1つずつハズレました。

スポンサーリンク

新たに加わりそうな銘柄の予想はどうか?

下の表は7月1日の記事における、新たに加わりそうな29銘柄の予想です。不動産セクターのエクイティ・レジデンシャル【EQR】は新加入とならず、アバロンベイ・コミュニティーズ【AVB】が新加入となりました。

一般消費財のロイヤル・カリビアン・クルーズ【RCL】は新加入となりませんでした。通信サービスのバイアコムCBS【VIAC】が新加入となりました。

スポンサーリンク

セクター比率予想はどうなったか?

左の円グラフが7月1日のセクター比率予想で、右の円グラフが【新SPYD】の7月31日のセクター比率です。全80銘柄予想で外れたのがわずか3銘柄だったので、セクター比率予想はほぼ的中しています。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか? 全80銘柄中、外れたのが3銘柄。77銘柄が的中し、的中率は96.25%というのは、なかなかの結果でした。

ちなみに予想の方法は、7月1日時点でS&P500の配当利回りの高い80銘柄を選んだだけです。ただし、その時点で減配が決まっていたり、減配の可能性が高い銘柄が、配当利回りが高いままで含まれていたので、全80銘柄を精査して何銘柄かを除外としました。

今回の予想では、ロイヤル・カリビアン・クルーズ【RCL】、ウェルズ・ファーゴ【WFC】を除外しきれなかったのが痛恨の極みでした。これができていれば、80銘柄中79銘柄的中だったかもしれません。

次回は2021年1月に組み換えが行われるはずです。そのときは全80銘柄パーフェクト的中を目指して予想しようかなとも思います。

 

 

 

 

個人投資家のブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんありますので、チェックしてください。

 

こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

個人投資家のブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんありますので、チェックしてください。
 

こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします
 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

SPYD
スポンサーリンク
たかにんをフォローする
たかにんの米国株投資術