【SPYD】の保有比率と騰落率の関係、除外19銘柄と減配銘柄の違いを検証しました(2020/07/02追記)

ステート・ストリート社のSPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETF【SPYD】は年2回、大幅な組み換えを行っています。直近では、2020年1月に全80銘柄の組み換えを行いました。S&P500の配当利回りの高い80銘柄を選び、各銘柄の保有比率を均等に1.25%ずつにしました。その後、無配転落が予想される19銘柄を削除して、現在は61銘柄になりました。1月以降、新たに加わった銘柄はありません。

結構勘違いしている人がいますが、ステート・ストリート社は半年に1回の組み換え以外は、何もしないんですよね。今回は無配転落銘柄が出たので、それらを削除しただけです。

さて今回は【SPYD】における保有比率と騰落率の関係、除外銘柄と減配銘柄の違いについて検証します。

※新たにオクシデンタル・ペトロリアム【OXY】、ホスト・ホテルズ・アンド・リゾーツ【HST】、モルソン・クアーズ・ブリューイング【TAP】の3銘柄が除外され、61銘柄になりました(2020/07/02)

※新たにコティ【COTY】、ゼネラル・モーターズ【GM】、ハーレーダビッドソン【HOG】、キムコ・リアルティ【KIM】、ウェアーハウザー【WY】の5銘柄が除外され、64銘柄になりました(2020/06/02)

※ヘルマリック・アンド・ペイン【HP】が除外され、69銘柄になりました(2020/05/26)

カーニバル【CCL】、フォード・モーターズ【F】、ギャップ【GPS】、ノードストローム【JWN】、コールズ【KSS】、エル・ブランス【LB】、ラスベガス・サンズ【LVS】、メーシーズ【M】、タペストリー【TPR】、アパッチ【APA】の10銘柄が除外されて、70銘柄になりました(2020/05/07) 

※減配されそうな会社が4銘柄増えましたので追記しました(2020/05/07)

 

スポンサーリンク

1月以降に除外された銘柄は?

1月以降に組込銘柄から除外されたのは全部で19銘柄あります。(赤字は最新の除外銘柄)

一般消費財が11銘柄で、カーニバル【CCL】、フォード・モーターズ【F】、ギャップ【GPS】、ノードストローム【JWN】、コールズ【KSS】、エル・ブランス【LB】、ラスベガス・サンズ【LVS】、メーシーズ【M】、タペストリー【TPR】、ゼネラル・モーターズ【GM】、ハーレーダビッドソン【HOG】

エネルギーが3銘柄でアパッチ【APA】、ヘルマリック・アンド・ペイン【HP】、オクシデンタル・ペトロリアム【OXY】

不動産が3銘柄でキムコ・リアルティ【KIM】、ウェアーハウザー【WY】、ホスト・ホテルズ・アンド・リゾーツ【HST】

生活必需品が2銘柄でコティ【COTY】、モルソン・クアーズ・ブリューイング【TAP】

スポンサーリンク

減配が決まった銘柄は?

それでは、減配されしたけど【SPYD】にとどまっている銘柄をチェックしましょう。下の表は減配が決まったor減配の可能性の高い8銘柄です。減配されても配当利回りが3%以上ある銘柄は、除外されないようです。

50%減配されても配当利回りが9%もあるインベスコ【IVZ】は異彩を放っています。さすが【QQQ】を生み出した会社です。

※追記、オクシデンタル・ペトロリアム【OXY】、ホスト・ホテルズ・アンド・リゾーツ【HST】、モルソン・クアーズ・ブリューイング【TAP】の3銘柄は除外となりました

スポンサーリンク

【SPYD】全70銘柄の保有比率について説明します

下の表は2020年5月12日現在の【SPYD】の組込銘柄70を保有比率順に並べ、過去3カ月の騰落率を比較したものです。保有比率が高くなっている銘柄は、直近の組み換え時期である1月と比べて、単純に株価が上がっただけです。そんなわけで、「過去3カ月騰落率」の成績が良ければ、「5/12保有比率」は上がります。

ただし、下の表の保有比率上位銘柄の「過去3カ月騰落率」「5/12保有比率」の並び順は、若干異なっています。ちょうど3カ月前に【SPYD】が組み換えを行ったわけではなく、厳密には3カ月半ぐらい前に組み換えを行ったたため、比較時期が半月ほどずれているからです。

過去3カ月騰落率の背景には10%ごとに色をつけました。騰落率の良い順に「白」「黄」「ピンク」「薄い灰色」「灰色」「濃い灰色」「黒」です。マイナス30%より下は、きれいな色分けになってます

※右端の「増配・減配状況」を追記しました(2020/05/21)

「SPYDはギリアド・サイエンシズ【GILD】の割合が多いから安心だ」のような情報がネット上にありますが、これは間違いです。ただ単に、ギリアド・サイエンシズ【GILD】の株価が1月と比べて上がったので、【SPYD】内におけるギリアドの時価総額と保有比率の割合が増えただけのことです。

ちなみに現在の保有比率上位銘柄は、株価が上がって配当利回りが下がったため、次回7月の組み換えでなくなる可能性が高いです。たとえば、ギリアド・サイエンシズ【GILD】の配当利回りは5月14日現在3.53%なので、S&P500の中の配当利回り順位は上から150番目ぐらいです。上位80には入っていません。現在、上位80番目の配当利回りは4.9%ですね。これを上回るようなら、次回7月の組み換えで【SPYD】に入ります。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか? 【SPYD】には結構厳しい前途が待ち受けている気がします。80銘柄から19銘柄減らしたことが、株価や配当金にどう影響するかは未知数です。すでに減配が確定した銘柄もあり、今後減配される銘柄も出てきそうです。6、9、12月の配当、7月の組み換え、いずれも注視する必要がありますね。

 

 

 

 

 

 

 

個人投資家のブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんありますので、チェックしてください。

 

こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

個人投資家のブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんありますので、チェックしてください。
 

こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします
 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

SPYD
スポンサーリンク
たかにんをフォローする
たかにんの米国株投資術