高配当&増配

通信サービスはAT&T【T】で大丈夫か?

通信サービスセクター(Communication Services Sector)は2018年9月に世界産業分類基準(GICS)の再編によって新設されたセクターです。元々は電気通信セクターでした。新た...
高配当&増配

公益事業は何を買っても同じなのか?

日本で暮らす日本人にとって、米国の公益事業は接点がない会社がほとんどです。また、企業によっての違いや特色もあまりないような気がします。本当でしょうか? そこで、配当金と増配率をテーマに、公益事業の企業...
高配当&増配

エネルギーはエクソン・モービル【XOM】で安泰か?

エネルギー業界には、かつて石油メジャーと呼ばれる巨大な国際企業が、採掘から販売までを寡占していました。7つの企業を指すことからセブンシスターズとも呼ばれていました。統廃合を重ねて、現在はエクソンモービ...
スポンサーリンク
高配当&増配

ヘルスケアはジョンソン・エンド・ジョンソン【JNJ】で鉄板か?

ヘルスケア業界は競争が激しく、M&Aを繰り返して巨大化することが生き残る道とも言われています。アメリカ、ヨーロッパ、日本の先進国が、世界を舞台にしのぎを削っています。 配当利回りの高い企業が多い...
高配当&増配

生活必需品はタバコ株を買えば問題ないのか?

生活必需品はアメリカの強い分野で、長年にわたって配当金を出している会社も多いです。その中でもタバコ株は、喫煙者の減少と訴訟リスクが常に取り沙汰され、いつでも悲観的な印象があります。ただし配当利回りが高...
高配当&増配

ハイテク株は配当金生活に向いていないのか?

ハイテク株(情報技術)は、配当金をあまり出さないイメージがあります。グロース銘柄が多いため、配当金を支払うよりも設備投資をして利益を追求するスタイルという印象です。果たして本当でしょうか? 配当金をテ...
お役立ち

dividendinvestor.comを活用して、過去と未来の配当金を把握しよう

米国株の配当金に関するサイトの中で便利なものとしてdividendinvestor.comがあります。多くの機能を無料で使えて、しかも貴重な情報が満載です。ただし、このサイトはすべて英語で書かれていま...
お役立ち

米国株のセクター別イメージカラーが決定!

米国株は11のセクターに分かれています。当サイトでは、ETFも含めて以下のようにカラー分けをしました。高配当銘柄を買う際、当サイトの管理人が重視している順に並べました。ETF、生活必需品、ヘルスケア、...
配当金

2019年9月の配当金

月例の配当収入(税引後)の記録です。 2019年9月は以下の銘柄から配当金・分配金を受け取りました。 米国トータル債券市場ETF【BND】 バンガード 米国増配株...
VYM

バンガードのVIGをVTI、VYMと比較する

あまり知られていないけど、その実力は侮れないと評判のETF、【VIG】。同じバンガード社の【VTI】、【VYM】と比較して、真の実力を明らかにしていきます。 経費率はどれも低い 【VIG】...
スポンサーリンク