バンガード社のETFのセクター分類をGICSで確認する方法

バンガード社のETFはICB(Industry Classification Benchmark)を用いてセクターを分類しています。ステートストリート社やブラックロック社など、バンガード社以外のETFはGICS(Global Industry Classification Standard)を使っています。

そのため、バンガードのETFとそれ以外の会社のETFを、組み込まれているセクターの割合で比較するのは厳しいです。

そういう場合は「fidelity.com」で確認しましょう。このサイトの中でバンガード社のETFを調べてば、GICSでセクター分類されています。VTI、VYM、VIG、VT、VXUSなどを調べましょう。

 

スポンサーリンク

実際に試してみましょう

それでは【VTI】のセクター分類がどうなっているかを、「fidelity.com」で調べてみましょう。PCを使って見てみます。

まずは、こちらをクリックします
Fidelity International Usage Agreement

 

最初の画面が現れる

このサイトに最初に訪れた人には、「米国外の人間はクッキーの利用に同意するのか?」みたいな文言が現れますので、同意しましょう。「I Accept」をクリックします。

ティッカー・コードを打ち込む

サイトに入ることができたら、右上に「Search or get a qupte」と書かれた入力スペースがあります。そこに「VTI」などETFのティッカー・コードを打ち込みましょう。

 

 

2つのうち、どちらかをクリックすれば辿り着く!

するとETFのページが現れます。左上の「Portfolio Composition」をクリックすれば、ポートフォリオの構成、つまりセクター分類のページが現れます。

もしくはページを下にスクロールすると、「Portfolio Composition」という見出しが現れ、上位組込銘柄が表示されています。その下の「More about Portfolio Composition」をクリックしても同じページに行きます。

ついに登場、GICSだよ

Portfolio Compositionのページが現れ、下にスクロールすると、左側に「Sector Exposure」というコーナーが出てきますので、これがGICSによるセクター分類です。

 

セクターの英語を日本語すると、以下のような感じです。

セクター セクター(英語) カラー(RGB) カラーコード
生活必需品 Consumer Staples 255-255-0 FFFF00
ヘルスケア Health Care 255-0-0 FF0000
エネルギー Energy 191-144-0 BF9000
公益事業 Utilities 217-217-217 D9D9D9
通信サービス Communication Services 61-133-198 3D85C6
情報技術 Information Technology 146-205-220 9FC5E8
一般消費財 Consumer Discretionary 0-176-80 00B050
資本財 Industrials 218-150-148 DA9694
金融 Financials 153-0-255 9900FF
素材 Materials 253-233-217 FDE9D9
不動産 Real Estate 204-192-218 CCC0DA

ちなみに当サイトでは、セクター分類は基本的にGICSを用いており、セクター・カラーも決まっています。ご参考に。

スポンサーリンク

米国以外だと少し問題がある

GICS(Global Industry Classification Standard)は、MSCIおよびStandard&Poor’sという米国の会社が開発したものです。そのため、米国以外の銘柄についてはあいまいなところがあります。たとえば米国全体の【VTI】だとセクター全体の比率が98%とほぼすべてを網羅していますが、米国以外もターゲットにした【VT】や【VXUS】は全部で90%ほどありません。約10%が分類不明ということです。

 

スポンサーリンク

最新のデータではない

「fidelity.com」のデータは、約1カ月ほど遅れている可能性があります。無料のコーナーだからかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか? これでバンガードのETF、VTI、VYM、VIG、VT、VXUSなどをGICSで分類することができます。ただ、最近はICB(Industry Classification Benchmark)のセクター分類がGICSに似てきていますので、近い将来、どちらでもほぼ同じになりそうな気もします。

 

個人投資家のブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんありますので、チェックしてください。

 

こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

個人投資家のブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんありますので、チェックしてください。
 

こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします
 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ETF
スポンサーリンク
たかにんをフォローする
たかにんの米国株投資術