2024年5月の配当・分配金

スポンサーリンク

今月の配当・分配金(税引後)の記録です。

 

スポンサーリンク

外貨建て口座の月間配当・分配金(2024年5月)

外貨建て口座の5月配当・分配金は23銘柄でした。内訳は債券ETFが7、株式ETFが6、BDCが4、個別銘柄が6でした。

今月の配当・分配金は税引後で8万2902円でした。表内の背景が黄色の部分は、現地源泉還付金が含まれています。

受け取った配当・分配金の内訳は以下の通り。(税引後)

4月が12万66円でしたので、先月との比較では約0.69倍になりました!

 

スポンサーリンク

外貨建て口座の配当・分配金の合計は?

外貨建て口座で購入可能な配当・分配金の合計です。現在も保有している銘柄のみです。上からETF(債券)、ETF(株式)、BDC、個別銘柄の生活必需品、ヘルスケア、エネルギー、公益事業、通信サービス、情報技術の順です。

 

スポンサーリンク

外貨建て口座の配当・分配金の月ごとの比較

外貨建て口座で購入可能な配当・分配金を月ごとに比較しました。東証上場の円建て口座は入っていません。

5月の配当・分配金は円換算で8万2902円。1年前は7万3950円だったので、1.12倍になりました。

 

スポンサーリンク

円貨建て口座の月間配当・分配金(2024年4月)

円建て口座の5月配当・分配金は10銘柄でした。内訳は債券ETFが1、株式ETF(投資信託含む)が9です。

今月の配当・分配金は税引後で3万242円でした。

受け取った配当金の内訳は以下の通り。(税引後)

 

スポンサーリンク

すべての口座の配当・分配金の月ごとの比較

円建ての口座と外貨建て口座の両方を合わせた金額です。日本株は2005年に始めましたが、古すぎるデータを出しても見づらいので、米国株を始めた2019年からにします。

今月の配当・分配金は11万3144円。1年前は7万3950円だったので、1.53倍ですね。順調に増えています。

 

すべての口座の配当・分配金の1年ごとの推移

先ほどのグラフを1年ごとに重ねて、棒グラフにしました。2019年以降です。

2019年から2022年にかけては2倍ぐらいのペースで増えていました。2023年は伸びがやや鈍化しました。年間分配金は、前年2022年と比べて1.20倍です。

 

すべての口座の配当・分配金の累計は?

配当・分配金の累計は(当然)右肩上がりです。2019年以降のデータです。

 

スポンサーリンク

ウィブル証券(Webull)のご案内 【PR】

ウィブルグループはFinTech企業として世界16カ国にビジネスを展開しているグローバル企業で、日本では2023年よりウィブル証券株式会社として証券事業を開始しました。

スマートフォンのアプリは、全世界で4000万ダウンロードを突破しました。使いやすさや取引手数料の低さから、日本でも利用者が増加中です。ウィブル証券の口座開設はコチラ

 

ウィブル証券の主な特徴は?

ウィブル証券の特徴としては、米国株の取引手数料0.2%と安いことです。他社は0.45%の場合が多いので、これはうれしいですね。

さらに、様々なキャンペーンを実施しています。たとえば、米国株の入庫キャンペーンがあります。条件をクリアすれば、抽選で6000円がもらえます。

また、クイック入金サービスを開始しました。提携銀行のネットバンキングサービスをご契約の方は、手続き不要で使用できます。振込手数料は無料で、24時間いつでも使用可能です。

たかにんもウィブル証券を利用しています。これを機会にウィブル証券で口座開設を考えてみるのもいいかもしれません。

 

スポンサーリンク

自分にピッタリな証券会社を見つけて口座開設をしよう【PR】

2024年に始まった新NISAに合わせて、各証券会社が様々なサービスやキャンペーンを実施しています。自分に合った証券会社を見つけて、資産運用を行いましょう。

 

新NISAを始めるなら楽天証券
楽天証券

 

マネックス証券では米国株デビューで最大3万円キャッシュバック、米国ETF21種類の買付手数料が実質無料になるプログラムを実施中!
マネックス証券_米国株訴求

 

SBI証券で口座開設(無料)/口座数はネット証券No.1
SBI証券

 

moomoo証券(ムームー証券)はツールが充実、キャンペーン豊富)
moomoo証券

 

松井証券の日本株取引~手数料0円から~
松井証券【日本株】

 

スポンサーリンク

まとめ

5月の分配金はまずまずでした。6月は四半期タイプの米国ETF分配金があるので、もう少し多いと思います。